新宿でレビトラを体験してみた

自分の下半身が弱くなったことに非常にショックを受けた

20代の頃は、時間内に2回発射したこともあります。
しかし最近は、1度も発射しないといったこともあり、金銭的な問題もショックですが、それ以外にも自分の下半身が弱くなったことに非常にショックを受けたものです。
延長して何とか1回は終えることができたこともあったものの、昔と比べて随分と弱くなったと感じました。
男性ならば理解できるかもしれませんが、下半身の状態は好みの女性によっても異なるといえます。
例えば、自分好みの顔で見た目も自分の好みの場合には、下半身が激しく興奮するでしょう。
そうすると、硬くなる状態が続き、最後までフィニッシュすることができるわけです。
逆に、自分好みでない相手の場合には、そこまで硬くなる事はありません。
一時的に性的な刺激を受けて硬くなることがありますが、心の底から満足しているわけではないため、やはりどこか無理をしているような気がしたわけです。
では関心が柔らかくなった時はどのような時だったかと言えば、比較的好みの女性でした。
いつも示している人になりますので、その日だけその女性に興味がないと言う事は無いわけです。
そして、何度か好みの女性に当たりましたが、いずれも始まってから20分ぐらいすると柔らかくなってしまいます。
そして最後までいくことが出来ませんでした。
この夜子の状態が何とか着いた後、自分自身でEDではないかと意識するようになったわけです。
EDになったことによる問題点は、相手と自分自身が満足できなくなったことです。
同時に男としての自信を失ったと言っても良いでしょう。
あくまで入りになるのは他人と言うイメージがあり、自分には関係ないと感じていましたが、実際はそのような事はなかったようです。

今までであれば時間内に最後まで終えることができたのに。。自分の下半身が弱くなったことに非常にショックを受けた安全性が高いのは間違いなくクリニック